夢遊病の頻度

 

 

夢遊病の頻度について

「夢遊病の頻度はどのくらいなのか?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

 

寝ている時に引き起こされる異常行動の夢遊病の症状には個人差が生じており、「○回」と特に頻度は決まっておりません。

 

とは言え、基本的に夢遊病の発症頻度は1回の睡眠に対して1度あるかないかの出来事ですし、過度に心配する必要はないのです。

 

毎晩複数回の頻度の夢遊病で悩んでいる人はかなり稀ですし、子供であれば多く見られる症状の一つなので親御さんがしっかりと見守っていれば治療の必要はないでしょう。

 

確かに、子供が熟睡していたのにも関わらず、急に起き出してうろうろと歩き回るような現象を目の当たりにすれば、誰でもビックリしてしまいます。

 

実際に、5歳から12歳までの子供の約15%程度が夢遊病を経験するというデータが出ており、自分のお子さんだけが引き起こす特殊な現象ではないことがお分かり頂けるはずです。

 

これは睡眠と覚醒のコントロールが上手くいっていないことが大きな原因で、成長過程の子供であれば誰でも引き起こす可能性があります。

 

成長して大人になるにつれてだんだんと夢遊病の頻度は減っていくはずなので、お子さんが怪我をしないように見守っているだけで十分なのです。

 

ただし、1度の睡眠に対して2回以上の頻度で夢遊病を発症している場合は、前頭葉てんかんの複雑部分発作かもしれないので注意した方が良いかもしれません。

 

あまりにも頻度が多すぎる場合は成長過程による夢遊病ではなく、その他の原因が考えられるので早めに病院を受診して専門医の診察を受けるべきです。

 

また、子供ではなく大人が夢遊病を引き起こす頻度が多い場合、精神的なストレスが溜まっていると考えられます。

 

ストレスが溜まりすぎると身体に良くない影響が出るので、無意識のうちに発散しようと働くのです。

 

日常生活で上手く発散できていなければ自然と睡眠中に発散するしかなく、大人の夢遊病となってあらわれるというメカニズムとなっております。

 

夢遊病だからといって大きな病気を患っているわけではないものの、精神的なストレスが溜まりすぎるのは良くないので、できる限り起きている時に発散した方が良いのではないでしょうか。

 

「好きな音楽を聞く」「アロマでリラックスする」「自分の趣味に打ち込む」「友人と旅行に出掛ける」など、ストレスの解消方法はたくさんあります。

 

自分に合った方法でストレスを発散させ、夢遊病を中心とする症状を予防できるように努力してみてください。