夢遊病の症状

 

 

夢遊病の症状について

夢遊病は5歳から12歳の子供に多く見られる症状の一つです。

 

大人でも夢遊病の患者はいらっしゃいますが、5歳から12歳の子供の10%〜15%が夢遊病の経験があると言われています。

 

夢遊病の症状として特徴的なのは、周りが起こそうとしても中々起こすことができないという点です。

 

夢遊病では身体が完全に眠っているノンレム睡眠の時に引き起こされるので、並大抵のことでは起きないのです。

 

夢遊病でも説明致しましたが、夢遊病の患者を無理やり起こそうとすると、その行動が増強されてしまう恐れがあるので、静かに見守った方が良いでしょう。

 

この症状は人によって個人差があるのですが、「いきなり起き上がってボーっとする」「家の中を歩き回る」「外に出て歩き回る」「誰かに話しかける」といったように様々です。

 

中には食事をする方もいらっしゃるのですが、全て無意識のうちに行動しているので、朝起きたとしても何も覚えていないことが多くなっています。

 

そして、家族の誰かに自分の行動を説明され、初めて自分の症状に気が付くのです。

 

こういった症状は、眠りについてから深い眠りへと移行する1時間から3時間の間に引き起こされる特徴があり、短い人で数分間、長い人ですと30分間に渡ります。

 

夢遊病の患者は誰かに話しかけたり、応答したりするのですが、脳が通常の活動をしていない状態ですので、普段のような会話は成立しません。

 

家族の誰かがこのような行動を起こすと過敏に反応してしまうかもしれませんが、夢遊病は誰かに危害を加えたりはしないので、心配する必要はないでしょう。

 

ただし、夢遊病患者は心の状態が不安定となっていたり、心に病を抱えていたりする可能性が非常に高いので、周囲の方が温かく見守ることが大事です。

 

本人も無意識のうちに引き起こされている症状ですので、無理やり止めることはできません。

 

まずは、何が引き金となっているのか探る必要があるでしょう。