睡眠障害の治療

 

 

睡眠障害の治療について

「単なる寝不足だから治療は必要ない」「たまたま眠れない日が続いているだけ」と思って放置している方がいらっしゃいますが、睡眠障害を甘く見てはいけません。

 

睡眠障害を放置していることで、身体の具合はどんどん悪くなりストレスも溜まっていくでしょう。

 

そのため、少しでも睡眠に関する異常を感じたのであれば、専門の医師に相談することをおすすめします。

 

睡眠障害は自然に治ってしまうこともありますが、症状が悪化してしまうこともあるのです。

 

ただし、自分の判断で市販の薬局で販売されているような、睡眠導入剤を使用するのはやめてください。

 

今よりも症状が悪化することも考えられるので、非常に危険です。

 

ここでは、具体的な治療方法について説明していきたいと思います。

 

薬物療法

薬物療法は一般的に睡眠薬を用いて治療が行われます。

 

睡眠薬は個人の体質によって、記憶障害や奇異反応が引き起こされてしまいます。

 

そのため、睡眠薬を服用するという場合は、しっかりと医師の診断を受けなければなりません。

 

自己判断で服用しないようにしましょう。

 

睡眠制限療法

睡眠制限療法は薬を服用しない治療方法で、長い時間寝床で過ごしている人に対して、就床時間と身体が要求する睡眠時間との差を縮めるために行われます。

 

少しでも長く寝たいと思い寝床に入るものの、全く眠れないという方はいらっしゃるでしょう。

 

そのような方は、睡眠制限療法を試してみてください。

 

精神療法

睡眠障害が引き起こされる原因の一つに精神的なストレスがあるということから、精神療法によって過度の不安や悩みを取り除くために治療を行います。

 

精神療法によって、ストレス自体を解消できるので、他の病気の予防にも繋がります。

 

高照度光療法

高照度光療法とは、2500〜3000ルクスの高照度光を当てることで、生体リズムを人工的にずらすことができます。

 

睡眠時間帯が普段の生活とずれてしまっているという方に効果的です。