睡眠障害の原因

 

 

睡眠障害の原因について

ここでは、不眠症といった睡眠に纏わる病気である睡眠障害の原因について説明していきたいと思います。

 

どのような原因で睡眠障害が引き起こされるのか、しっかりと理解しましょう。

 

老化

睡眠障害が引き起こされる原因の一つとして老化が挙げられます。

 

高齢者で睡眠の不調を訴えるという方がいらっしゃるでしょう。

 

これは、人間の身体機能が老化によって衰え、質の高い睡眠を得られなくなるからです。

 

年齢を重ねるにつれて若い頃のように無理ができなくなるのは、ただ単に体力的な問題だけではなく、睡眠時間が短くなることで生活リズムに変化が起こるからです。

 

また、60歳以上の高齢者の約3割の方が、睡眠時無呼吸症候群といった睡眠障害を持っていると言われています。

 

体内時計の乱れ

私たちは睡眠と覚醒のリズムを脳でコントロールしている体内時計によって、日々の生活を送っています。

 

「時間がきたらお腹がへる」「時間がきたら眠くなる」というのは、人が持っている本来の生活リズムなのです。

 

この体内時計が乱れることによって、睡眠障害が引き起こされてしまいます。

 

夜更かしをして、夜食を食べてといった生活を続けていると、体内時計は本来眠る時間であっても「まだ寝る時間ではない」と判断するのです。

 

そのため、寝付きが悪くなったり、睡眠時に何度も起きてしまうような睡眠障害が表れるようになるのです。

 

また、昼夜逆転の生活をしていると、睡眠に必要なホルモンであるメラトニンの量が減少してしまいます。

 

一度メラトニンのリズムが崩れてしまうと、元に戻すのが非常に困難ですので、常に規則正しい生活を心掛ける必要があるでしょう。

 

心理的な要因

ストレスや悩み事といった心理的要因で睡眠障害が引き起こされてしまいます。

 

不安なことが多いと眠れないと言われているのはこのためです。

 

このように睡眠障害の原因は思わぬところに潜んでいることがあるので、日常生活をしっかりと見直すことが必要であると言えるでしょう。