睡眠障害の予防

 

 

睡眠障害の予防について

ここでは、睡眠障害を予防するためにどのようなことをすれば良いのか説明していきます。

 

ここで説明している予防方法をしっかりと実行して、睡眠障害が引き起こされないようにしましょう。

 

食生活で睡眠を向上させよう

バランスのとれた食生活を送ることで、快適な睡眠が得られるようになります。

 

偏った食生活を送っていると身体に余計な負担がかかり、睡眠に悪影響を与えてしまうのです。

 

そのため、肉類ばかりの生活にならないように注意し、ビタミンC・ビタミンB6・カルシウム・マグネシウムといった栄養素をバランスよく摂取しましょう。

 

また、最近では朝食をとらないという方が増えております。

 

朝食をとらないということは、昼食と夕食をまとめて食べるので、胃に負担がかかってしまいます。

 

それに、朝食は午前中の行動をする大事なエネルギー源ですので、1日を有意義に過ごすためには必要不可欠です。

 

そして、夜は胃を休めるために、夕食を軽くし、眠る2時間前には食事を済ませておいた方が良いでしょう。

 

眠る環境を整えよう

眠る環境を整えることで、快適な睡眠を得られるので、睡眠障害を予防することができるでしょう。

 

人それぞれ快適な環境は異なりますが、「部屋の温度や湿度」「部屋の明るさ」「枕の質」「部屋全体の臭い」といったように、様々なポイントを自分の快適な環境にすることで、より深い睡眠を得られます。

 

また、不快な音も安眠を妨げてしまいます。

 

部屋が大通りに面していて、騒音を避けられないという方はいらっしゃると思いますが、二重ガラスにしたり雨戸を閉めたりして、欠かさずに対策をすることが重要であると言えるでしょう。

 

さらに、快適な睡眠が得られるように、リラックスできる音楽を流すのも非常に有効です。

 

静かな方が眠りやすいという方はいらっしゃいますが、完全な静寂よりも40デシベル以下の音があった方が寝付きが良くなります。

 

自分の好みの音楽を流して眠るようにしてみてください。