夢遊病とうつ病

 

 

夢遊病とうつ病について

夢遊病とうつ病は関係がないと思っている方がいらっしゃいますが、うつ病の症状の一つとして夢遊病が挙げられるのです。

 

全てのうつ病の患者が夢遊病を引き起こすというわけではありませんが、うつ病は患者によって症状が異なるので、夢遊病を引き起こすということは十分に考えられます。

 

また、うつ病の薬を服用することで、その副作用として夢遊病が引き起こされることもあります。

 

特にうつ病はストレスが原因で発症することが多いので、うつ病の症状・薬の副作用・元々感じていたストレスといった全ての原因が合わさって、夢遊病が引き起こされているのです。

 

多くの方はうつ病を治す場合、薬物療法を行っていると思われますが、この薬が原因で夢遊病が引き起こされているのであれば、一度主治医に相談した方が良いかもしれません。

 

夢遊病を治したいからと言って薬の服用を止めたら、今度はうつ病の症状が悪化して、余計に治らなくなってしまうでしょう。

 

非常に難しい問題ではあるのですが、主治医であれば今のあなたに一番効果的な治療方法を掲示してくれることは間違いありません。

 

ただし、夢遊病はそこまで恐れるような病気ではないので、うつ病の治療に専念することを考えるのが一番良いのではないでしょうか。

 

無意識の内に歩き回ったり、外をふら付いてしまったりするので、非常に怖いと思われるかもしれませんが、感覚器官はしっかりと働いているので、大きな怪我に発展するというケースは非常に珍しいと言えます。

 

そのため、夢遊病の症状に関しては深刻に悩む必要はないのです。

 

うつ病を治すための薬物療法によるデメリットは、薬を飲むということがさらにストレスを増幅させ、症状が悪化する可能性があるということです。

 

しかし、様々な治療法の中で、薬物療法が一番効果が高いと言われているので、早くにうつ病を改善したいのであれば、夢遊病の症状が表れるとしても薬を服用した方が良いのではないでしょうか。

 

もちろん、これは一般論であり、うつ病の症状は個人によって異なることから、専門医の意見を一番に考えることが大切です。

 

ただし、一つ言えることは、うつ病が治れば自然と夢遊病も改善されるということです。

 

もちろん、うつ病は簡単に治る病気ではなく、時間がかかることが予想されるのですが、完治できないわけではありません。

 

諦めないで治療に専念することで、うつ病も夢遊病も完治させることができるのです。